MENU

キャッシングとカードローンについて
 

金利がどうやって決まるの?な人のための金利がどうやって決まるの?解説書BF

銀行や消費者金融などからキャッシングをするとき、金利は何%か気になりますね。

その金利はどのようにして決まるのでしょう。

金融会社からお金を借りるときは申込みをします。

その申込みに基づいて審査が開始されます。

審査は、借入れの申し込みをしている人が、貸したお金を遅滞なく返済していくことができる人か、貸し手側が判断するためのものです。

この審査によって、キャッシングできる借入限度額が決まります。

借入限度額が高いと金利は低くなり、借入限度額が少ないと金利は高くなります。

これは、審査で判断された信用度によるものです。

信用度が高いと、回収不能のリスクは低いと判断され金利は低く設定されます。

実質年率とは?徹底調査隊LP59

お金を借りたときは、借りたお金(元金)に利息を足したものを返済します。

金利が何%かということと、借入している期間で、利息がいくらかが出ますね。

例えば、20万円のお金を18%の金利(年率)で、30日間借りた時の利息は2,958円になります。

普通に考えてみると、支払う利息分はこの金額で良いように思えますね。

しかし、銀行や消費者金融、クレジット会社などは手数料や保証料などの諸費用を利息に加えることができます。

この諸費用を加えた利息(金利)を算出するための利率を実質年率といいます。

How to 金利の計算方法DE05

金融会社などの借入金につく利息の計算は難しいというイメージがありませんか。

利息は「借入れ金額×金利÷365日×借入日数=利息」の計算式で出すことができます。

具体的に数字を当てはめてみると、「10万円×0.18%÷365日×30日=1,479円」

10万円のお金を18%の金利で、30日間借りたときの利息は1,479円になるという計算です。

毎月1万円の定額返済なら、利息1,479円を引いた8,521円が借入金返済分になり、借入残高は、91,479円となります。

次月の利息は「(10万円-8,521円)×0.18÷365×30」の計算式から「1,353円」になることがわかります。

金利・利息・利子の違い診断所94

金利・利息・利子の違いは何でしょう。

例えば、DVDをレンタルショップで借りるときはレンタル料金を支払い、観終わったらDVDを返却しますね。

金融会社などからお金を借りるときもレンタル料金は要ります。

DVDが借入金だとすれば、レンタル料金は利息ということになります。

お金を借りた場合は、「借入金+利息」を返済することになります。

利息がいくらになるかを算出するのに使われるのが金利です。

金利は「18%」という形で表示され、通常は1年間お金を借りたときにかかるレンタル料のことをいいます。

利子は、利息と意味合いは同じものです。

お金を借りる側からみれば、お金の持ち主に支払う料金といえます。

金利は変わりませんでした。

カードローンの金利は年収などによって変わるようですが、 だいたい安い金利のとこだと3%~12%くらいです。

私は以前、年収430万の時に源泉徴収を提出して申し込んだところ金利は10%と言われました。

そして最近になって年収が500万を超えたのでカードローン会社に源泉徴収提出するから金利を下げてもらえませんかと言ったところ、それは、こちらから案内する事なので提出されても下げれませんと言われました。

因みに聞いてる段階での借入は0です。

まぁ仕方ないけど損した気分でした。


 
  Copyright© 必見!即日でキャッシングの情報教えます | 即日キャッシングスペック表77 All Rights Reserved. 
*Template design by Nikukyu-Punch*